外貨預金とは@初心者の為の外貨預金教室

外貨預金の基礎知識

ここでは、外貨預金とは?ということで、基本的な知識についてご紹介しています。

外貨預金とは?

外貨預金とは、単純に言えば、日本円を外国の通貨に換えて預金をすることです。

日本の金利は現在かなり低いですが、オーストラリアはでは7%、ユーロでは4%と金利の高い国があるので、海外で預金をすることで金利を稼ぐことができるという訳です。

また、為替レートの変動によっても差益を得ることができるため、投資法として考えられています。

外貨預金のポイント!

外貨預金においては為替相場と金利が重要なポイントとなります。

特に為替相場の変動で効率よく利益を上げるためにも為替変動の仕組みを理解しておくことは重要です。

また、金利の高さによるメリットでは、
短期間では大きな利益は期待できませんが、長期に渡って運用することで大きな利益を得ることが出来るのです。

外貨預金の手数料!

外貨預金では、外貨を購入する時と外貨を日本円に替える時に手数料が必要です。

例えば1米ドル購入の時で片道1円、往復で2円のような手数料がかかるのです。

外貨預金はFXに比べると手数料が高いので利息とのバランスを考えて取引しないと上手く利益が出せないかもしれません。

外貨普通預金と、外貨定期預金

外貨預金にも種類があり、国内預金と同じように普通預金・定期預金・貯蓄預金などがあります。

★ 通常普通預金はいつでも自由に出し入れできるもの。
★ 定期預金は預け入れ期間が定められており、自由な出し入れはできませんが、普通預金よりも金利が高いもの。

貯蓄預金は定期預金よりも出し入れに制限がない分金利は低くなりますが、普通預金よりは高い金利設定になっていることが多いです。

このあたりは日本の預金とあまり大差ないようです。

外貨預金用の口座は必須です!

外貨預金のために海外の口座を作らなくても、日本の銀行で口座開設手続きができます。

専用口座を作る必要があるので、身分を証明するものと印鑑、預金のための現金があればOKです。
原則としては未成年者の口座開設は不可とされる事が多いです。

外貨預金を活用している人の中には…

外貨預金は、脳の活性化を促す手段として活用している人もいるのだそうです。

特に定年退職後の趣味の一つとして、頭の体操をしながら資産が増えればなお嬉しいという年配者が多いようです。
外貨預金を始めると為替や経済の動きが気になって、世界情勢への関心が高まるでしょう。

外貨預金コンテンツ