外貨預金とは@初心者の為の外貨預金教室

外貨預金のリスクと注意点

外貨預金をはじめるなら、まず知っておきたいリスクや注意点。
リスクや注意点をしっかり理解してから外貨預金をスタートしましょう!

「手数料」は1番大切!

外貨預金を利用する際には必ず手数料を考える必要があります。

例えば米ドルなら、外貨購入時と円転時にそれぞれ1円、合計2円の手数料がかかるのですから、
円転時には最低でも購入時より2円高い相場で取引しなければ、手数料だけで元本割れしてしまうのです。

「通貨選び」にも気を付けよう!

外貨預金を始めるとき、どの通貨を選ぶかというのは重要なプロセスとなります。

ただ単に金利の高い通貨を選んでも、実は手数料も高かった、ということもあります。

上手に利益を出すには、金利と手数料と為替変動を意識することが大切です。

「為替リスク」も大切です!

外貨預金をする場合、為替リスクは常に考えなければいけません。

過去10年ほどを見ると、1ドルが100円を割ったことが数回だけあります。

それ以外は1ドル=100円以上で行ったり来たりという状態で常に動いています。

この動きは誰にも予測できないのですが、外貨預金を使用予定の無いお金で始めたならば、焦ることなく自分の好きな相場で円転できるので、必要以上に恐れるものではないと思います。

「元本割れ」はとにかく避けたい!!

外貨預金での避けたいリスクは元本割れです。
その原因として考えられるのは為替の変動と手数料です。

為替の相場というのは自分の意志でどうこうできるものではありませんので運もありますが、
手数料で元本割れをするのは本人のミスですから勉強しましょう。

外貨預金は、預金保険制度対象外です。

外貨預金のリスクとして考えておいた方がいいことに、外貨預金が預金保険制度の対象外だということがあります。

もし自分の預金している銀行が何らかの理由で破綻したら、預金を全部失うということになります。

このようなことが起こりうることを頭の片隅には置いておきましょう。

外貨預金は、課税対象なので、確定申告が必要な場合も!

外貨預金も課税対象になります。
利息部分に対しては20%が源泉分離課税となります。(源泉分離課税=有価証券投資による収入に掛かる税金)

為替差益にかかる税金は雑所得になるので、所得税が適用されます。
為替差益で20万円以上の利益を得た場合は、申告を行わなければいけません。

外貨預金コンテンツ