外貨預金とは@初心者の為の外貨預金教室

外貨預金を始める前の確認事項

外貨預金をはじめのはちょっと待って!これだけは知っておきたい外貨預金知識をご紹介します。

外貨預金の為替手数料について!

外貨預金での為替手数料は、他の外貨投資と比べるとけっこう高いですね。

大手都市銀行では1米ドルにつき1〜2円程度の手数料となり、
100万円の入金出金の往復で1〜2万円の手数料が掛かるわけです。

こう考えると手数料がバカにならないので、大儲けできる投資術とは言えないのかもしれません。

外貨預金の運用方法は?

外貨預金の場合は手数料が高いので、短期運用では不利になる場合が多いです。

かといって長期運用と決めても10年後、20年後に1ドル=50円となっている可能性もあるので、必ずしも長期運用が得策とは言えません。

つまり、経済情勢をみながらの臨機応変な運用をするしかないのが投資なのです。

すぐにお金を増やしたいと思っている人へ。

お金をすぐに増やしたい人には、外貨預金で儲けるという選択は不向きです。
利息自体、ある程度の期間預けなければつくものではありません。

外貨普通預金なら出し入れ自由とは言え、そのたびに手数料が掛かるのは、もったいないことです。

急激な円高になることは、まれにありますが、急激な円安になることは、ほとんどないのではないでしょうか。

外貨預金とは時間がかかるものだと思います。

分散投資のひとつが外貨預金。

不安な時代ですから、資産運用として株や投資信託を始めている人は多いと思います。
外貨預金もそのひとつのツールとして使われているようですね。

投資を一つだけの方法で行っていると、失敗した時に大きな損失になってしまいます。
そのリスクを避けるためにも、現在は分散投資を考える人が多いようです。

解約のタイミングに注意!

外貨預金は、実は購入のタイミングよりも解約のタイミングの方が難しいものです。

早い人で1カ月で円転する人もいれば、10年以上預けっぱなしという人もいるくらいですから、
まさに人それぞれ自分のタイミングで解約すればいいのでしょう。

大きな利益を望みすぎても円転のタイミングがずれて後悔することになるので欲を出し過ぎない事も大切です。

海外旅行の資金にも利用できます。

預けていた外貨預金が円高になってしまい、なかなか円に戻すタイミングが無くなってしまう人は多いです。

そういう時、その預金している通貨の国に海外旅行をするケースがあれば現金として引き出して使うと良いですね。

何度も同じ国に行く機会のある人は、その国の外貨預金をすると、こういう時に便利です。

外貨預金コンテンツ