外貨預金とは@初心者の為の外貨預金教室

外貨預金の取引手法

外貨預金にはタイミングが大切です。

外貨を購入するタイミング、円転するタイミング。

購入した外貨の価値が上がってくると、
もう少し待ったらもっと上昇するかも、と欲が出て、待っているうちに結局下落した、というのはよくある話です。

あらかじめいくらになったら円転すると自分で決めておくのも良い方法です。

長期的な資産運用が利益を出すカギに!

外貨預金の魅力に素直に従って運用するとしたら、長いスパンで資金運用することでしょう。

外貨預金において短期間で利益をあげようとすると為替相場を見て外貨を選ぶでしょう。

高金利という魅力を活用せず、
短期間の利益ばかりにとらわれることはリスクを自分から受け取りに行くことになりかねません。

初心者でも取り入れやすい取引テクニックとは?

外貨預金の投資法として、初心者にも取り入れやすいテクニックにドルコスト平均法があります。

ドルコスト平均法は、円貨単位で一定金額ずつ購入する方法です。

長期的な投資計画に適しており、必ず儲けられるというものではありませんが、リスクは逓減できる方法です。

クロス取引で元本割れリスクを回避!

外貨預金の中にクロス取引という手法があります。

米ドルで外貨預金をしていて、日本円が購入時よりも円高になってしまい、損ををするから円転できない場合に、米ドルから見て、ドル高になっている通貨に交換することで元本割れリスクを回避できるという方法です。

ここで注意しなくてはいけないのが、
クロス取引を頻繁に行うと、手数料ばかり掛かって大きな赤字となる可能性があることです。

頻繁に通貨を交換するのは決して得策とは言えません。

為替予約でリスク回避を!

外貨預金のなかで為替予約という手法があります。
文字通り満期時の為替の予約をつけることです。

たとえば日本円が○○円になった時点で円転します。というように円転の相場を予約という形で確定するのです。

こうすることで、リスクを避けた堅実な投資ができます。
ただ、定期預金の途中解約ができないとか、為替予約の取消はできないなどの制約はいくつかあります。

投資に慣れてきたら移動平均線を参考に!

外貨預金で投資を考えるならば、移動平均線を参考にして為替の動きの傾向を分析していくといいでしょう。

移動平均線とは一定期間の為替の動きを示したグラフで様々な投資者がこのグラフを元に為替の動きを予測しています。

初心者には少々難しいですが、投資に慣れてきたら活用したいものです。

外貨預金コンテンツ